本当に安全なのか否か

レーシックの安全性

患者の不満

Posted by admin on 2012年4月25日 with No Comments


レーシック手術後の患者の一部には、視力の問題や手術による物理的な痛みが残り、術前以下の日常生活を送ることになってしまったという方が実は結構存在します。
経験豊富で評判の良いクリニックは手術前に十分なテストを行い、リスクを最小限に抑えるために適切な術後の患者教育のケアを提供します。
アメリカではレーシック手術の合併症に苦しんでいる患者は、ウェブサイトやディスカッションを作成しリスクについて国民を教育するためのフォーラム、将来および過去の患者が手術について話し合うことができますが、日本の場合はアフィリエイト報酬の奪い合い等の影響もあり、なかなかそのような場が設けられない状況です。

そのため、事前によく調べもせずに軽はずみな気持ちでレーシックの手術を受け、合併症を引き起こして社会からドロップアウトし、最期は自殺に至ってしまったという悲痛な事案もあります。
声を大にして言いますが、レーシック手術をしてしまうと良くも悪くも以前の視界には二度と戻らないのです。

もちろん、成功確率が低い手術ではないので、最後の手段としてレーシックの手術を考えておき、できることなら視力回復トレーニングソフト等を利用して、視力を取り戻せないかどうか確認してから検討してみることを強くお勧めいたします。

Comments are closed.

Pings are closed.

※先日巷で噂の電子書籍の強力な保存ソフトを使ってみましたが、私にとってはアフィリエイトでボロ儲けも楽しいので、やはりせどりには携帯が必須であると痛感しました。 そしてヤフオクのカギを握る自動入札においてはツールを使えばかなり安く落札することができますので加速deチートをして、更にゲームに勤しむことができますね。

  • Recent Post